産経ニュース

「ぬいぐるみのお泊まり会」で図書館への興味持たせたい 小野市立図書館が取り組み 兵庫

地方 地方

記事詳細

更新


「ぬいぐるみのお泊まり会」で図書館への興味持たせたい 小野市立図書館が取り組み 兵庫

「ぬいぐるみが選んだ本」を受け取る子供=平成25年10月(小野市提供) 「ぬいぐるみが選んだ本」を受け取る子供=平成25年10月(小野市提供)

 子供たちにぬいぐるみを通じて図書館や本に親しんでもらおうと、小野市立図書館(中島町)が「ぬいぐるみのお泊まり会」を2カ月に1度開いている。子供たちからお気に入りのぬいぐるみを一晩預かり、返す際に「ぬいぐるみが選んだ本」とともに手渡す仕組み。次回の開催は4月8日の予定で、参加者を募集している。

 米国発祥の「ぬいぐるみのお泊まり会」は、国立国会図書館(東京)が平成22年にサイトで紹介したのをきっかけに国内でも広まったとされる。小野市では25年8月に導入。偶数月の第2土曜日に、幼児から小学校低学年の児童を対象に行っている。

 今月11日に開かれた会では、子供たちはぬいぐるみと一緒に本の読み聞かせを聞いた後、ぬいぐるみを預けて帰宅。職員はぬいぐるみが本を読んだり館内で布団をかぶって眠ったりしている様子を写真に収め、事前に聞いておいた子供の好みに合わせて本をセレクト。翌日、再び図書館を訪れた子供たちは「ぬいぐるみが選んでくれた」と説明された本を写真とともに受け取り、喜んでいた。

 担当者は「子供が不思議だと感じる気持ちを大切にしたい。どんどんぬいぐるみを預けてほしい」と話している。次回の4月8日の参加申し込みは同月1日からで、定員は20人(先着順)。

 問い合わせは同館(電)0794・62・0456。