産経ニュース

鳥インフル警戒、鳥類の展示見合わせ 横浜の市立4動物園 

地方 地方

記事詳細

更新


鳥インフル警戒、鳥類の展示見合わせ 横浜の市立4動物園 

 横浜市は8日、鳥インフルエンザ感染防止の強化策として、9日から市内4カ所の市立動物園全てで鳥類の展示を見合わせると発表した。東京・足立区の住宅街で、オナガガモの死骸から鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受けての対応となる。

 鳥インフルエンザの感染対応策として、すでに昨年12月7日から「よこはま動物園ズーラシア」(旭区)では、ケージ内を通り抜けながら鳥類が見られる施設の通行見合わせやバードショーを一時中止しているほか、野毛山動物園(西区)、万騎が原ちびっこ動物園(旭区)、金沢動物園(金沢区)ではニワトリ類の展示見合わせを実施していたが、今回、全ての鳥類の展示を見合わせる。また、各動物園共通で、入退園時の靴底や園内に入る車両などの消毒の実施、傷病鳥類受け入れの原則休止などの対応を行う。