産経ニュース

浄化槽、災害時に無料点検 栃木県と協会が協定締結

地方 地方

記事詳細

更新


浄化槽、災害時に無料点検 栃木県と協会が協定締結

 県は25日、災害時に浄化槽の無料点検などを行う協定を県浄化槽協会と締結した。福田富一知事は「浄化槽は地震などの災害に強く、短期間で設置できるメリットがある。早期復旧の態勢が整うことになる」と歓迎した。

 協定では、(1)浄化槽の点検や被害調査(2)浄化槽の部品交換や復旧工事に従事する会員の斡旋(あっせん)(3)浄化槽に関する住民相談-を原則無償で行うとしている。県環境保全課によると、県内には約15万基の浄化槽があるという。

 これまでは、浄化槽の所有者が直接、業者に点検などを依頼していたが、災害時は、県が市町からの要請を受けて、協会に斡旋する。生活面などでの復旧の迅速化を図る。