産経ニュース

偽造カードで242万円分購入 容疑の中国人少年を逮捕 千葉

地方 地方

記事詳細

更新


偽造カードで242万円分購入 容疑の中国人少年を逮捕 千葉

 偽造したクレジットカードを使ってデジタルカメラなどを購入したなどとして、千葉県警国際捜査課は11日、不正作出支払用カード電磁的記録供用と詐欺の容疑で、中国籍の大学生の少年(19)=埼玉県坂戸市=を逮捕したと発表した。

 同課によると、少年は容疑を認めているという。少年は中国人の犯行グループの指示役とみられ、同課は犯行の全容解明を急いでいる。

 逮捕容疑は、昨年6月4日午後1~7時ごろまでの間、中国籍の自称アルバイト、姚騰龍(ヤオトンロン)容疑者(27)=自称さいたま市、同容疑で逮捕=らと共謀し、木更津市内の商業施設にあるカメラ店で不正に偽造したクレジットカードを使い、デジタル一眼レフカメラなど13点(販売価格計約242万円)を購入し、だまし取ったとしている。

 同課によると、同月11日、犯行グループの別の少年(19)が同じ商業施設内にある時計店で偽造カードを使い、腕時計を購入しようとしたところ不正が発覚。その後の調べで、グループの買い子や買い子の見張り役など、一連の犯行に関わったとして、これまでに指示役の少年を含む中国人の男女6人が県警に逮捕された。

 指示役の少年は、「(だまし取った)カメラなどは転売していた」と供述しているという。