産経ニュース

貴金属店で大量盗難、被害総額5100万円超 諏訪

地方 地方

記事詳細

更新


貴金属店で大量盗難、被害総額5100万円超 諏訪

 諏訪市小和田南の貴金属店「ジュエリー 金と銀」で昨年12月29日朝、店内にあった大量の貴金属類が盗まれているのが見つかった。被害について同店は、指輪やネックレス、ブローチなど660点余り、総額5100万円以上としている。諏訪署が被害届を受理し、窃盗などの疑いで調べている。

 経営者の松沢修さん(74)によると12月29日午前8時半ごろ、同店裏口の鉄製扉のガラス窓が割られているのを近所の人が見つけた。店内の無施錠だったショーケースから全商品の9割以上に及ぶ貴金属が持ち去られていた。現金約40万円が入った金庫やレジ、パソコンも無くなっていた。店内には、侵入者が持ち込んだとみられるバールが残されていたという。

 店内には防犯カメラはなく、裏口の扉は二重で内側の木製扉は蹴破られていた。前日の28日午後7時に店を閉めた後は無人だったという。