産経ニュース

有田川町、次世代エネパークに経産省認定 「再生可能」導入に積極的

地方 地方

記事詳細

更新


有田川町、次世代エネパークに経産省認定 「再生可能」導入に積極的

 ダム放流水を活用した町営の水力発電所や太陽光発電設備の設置など再生可能なエネルギーを使ったまちづくりを推進する有田川町が、国の「次世代エネルギーパーク」に認定された。

 次世代エネルギーパークは、経済産業省資源エネルギー庁が太陽光発電や風力発電などの「再生可能エネルギー」の導入に積極的なまちを認定するもの。同町は全国で64番目、県内では御坊市に次いで認定された。認定された市町村は、同庁のホームページで紹介される。

 同町では現在、町内3カ所の小中学校や町庁舎など計7施設の屋上にソーラーパネルを設置。また、風力発電設備を誘致したほか、町内を流れる有田川上流に、年間一般家庭約300世帯分の電力を発電できる町営の小水力発電設備を開設するなど、再生可能エネルギーの導入を進めている。

 同町では今後、町内の他の小中学校のソーラーパネルの設置をさらに進めるほか、水力発電所や太陽光発電設備の見学なども受け付け、町内外の子供たちの環境学習に役立ててもらうという。

 同町環境衛生課の担当者は「再生可能エネルギーの活用を軸に、有田川町を“エコの町”としてPRしていきたい」と意気込んでいる。