産経ニュース

【千葉知事選2017】松崎秀樹・浦安市長が出馬表明「発信力ある県つくる」

地方 地方

記事詳細

更新

【千葉知事選2017】
松崎秀樹・浦安市長が出馬表明「発信力ある県つくる」

正式に出馬表明する松崎秀樹氏 正式に出馬表明する松崎秀樹氏

 来年4月4日の任期満了に伴う知事選で、浦安市の松崎秀樹市長(66)が22日、県庁で記者会見を開き、「県の財政状況は良好なのに、現在の森田県政では豊かさを感じることができない。元気で発信力のある千葉県をつくりたい」などと話し、無所属で立候補することを正式に表明した。松崎氏は立候補を決断した理由について、「震災からの復旧・復興もおおむねめどが立った。立ち止まって考えたときに、千葉県そのものがふびんに思えて、自分が出るべきだと考えた」と説明。政党などの推薦は受けずに「原点に戻って県民党で戦う」とした。

 政策面では、地域医療の担い手となる開業医への支援強化や特別支援教育の充実、災害対応の即応出動部隊の創設などに取り組むとしている。

 また、松崎氏は、選挙経費の節約などのため、県知事選と浦安市長選が同日選になるように2月上旬に辞任する意向を示した。

 知事選には、無所属新人で元県立高校校長の皆川真一郎氏(62)が既に立候補を表明している。現職の森田氏は3選出馬について「年内は熟慮し、年明けに正式表明する」としているが、出馬は既定路線とみられている。