産経ニュース

来春千葉知事選 「手応えいい、勝算ある」松崎秀樹・浦安市長、22日出馬表明

地方 地方

記事詳細

更新


来春千葉知事選 「手応えいい、勝算ある」松崎秀樹・浦安市長、22日出馬表明

 来年4月4日の任期満了に伴う知事選で、浦安市長の松崎秀樹氏(66)が無所属で立候補する方針を固め、22日に記者会見を開いて正式に出馬を表明することが19日、分かった。松崎市長は19日、産経新聞の取材に対して「いよいよ出馬を表明する。手応えはいい。このままの勢いが続けば勝算はある」と語った。

 松崎市長はこれまで知事選出馬について「熟慮中」としながらも「出る前提で動いている。決めるときは自分で決める」と語っていた。また、「立つときは原点に返る」として、政党推薦を出馬の前提条件としない考えを明らかにしていた。

 松崎市長は記者会見や各種会合で森田健作知事の県政について「私は歴代の知事を知っているが、森田知事は市町村に寄り添わなすぎる」と批判していた。松崎市長は「反応は想像以上にいい」と語り、知事選での支持拡大に手応えを感じたものとみられる。

 また、松崎市長は知事選に向け、政策の柱を立案している。関係者によると、(1)県立高校に多様なコースを新設し、時代を見据えた特色ある学校にする(2)小中学校のクラス定員を弾力的に運営する(3)地域資源を生かして郷土学習を効果的に行う(4)子供医療費助成事業を推進する(5)少子化対策事業を展開する(6)医師・看護師確保対策を進める(7)医療・観光ツーリズムを推進するなど。さらに農・林・水産業の振興や防災、交通部門など多岐にわたっている。

 松崎氏は東京都出身。国会議員秘書や県会議員を経て平成10年、浦安市長に当選。現在5期目。

続きを読む