産経ニュース

市総合運動公園 第三者委条例案提出へ つくば市長が表明 茨城

地方 地方

記事詳細

更新


市総合運動公園 第三者委条例案提出へ つくば市長が表明 茨城

 つくば市の五十嵐立青市長は1日、当選後初の定例記者会見に臨み、市長選で公約にしていた市総合運動公園問題を検証する第三者委員会について、5日開会の12月定例市議会に条例案を提案して正式に設置することを表明した。

 条例案とする理由を五十嵐市長は「条例としないで市役所の付属機関とすることも可能だが、それではコンプライアンス上、いいものにならない。議会の承認を得て、きちんと予算を付けていく」と述べた。第三者委のメンバーは「3人から5人と考えている」とした。

 第三者委のスケジュールについて、これまで12月定例市議会に示す考えを表明していたが、「なかなか12月で財源措置までできるかは約束できない状況ではある」と語り、やや遅れるとの見通しを明らかにした。