産経ニュース

兵庫・豊岡市、地球と月3往復分歩キンピック 目標届かず、半分の17億歩

地方 地方

記事詳細

更新


兵庫・豊岡市、地球と月3往復分歩キンピック 目標届かず、半分の17億歩

表彰された歩数男女各1位の本谷克己さん(中央右)、小牧素女さん(同左)ら=豊岡市役所 表彰された歩数男女各1位の本谷克己さん(中央右)、小牧素女さん(同左)ら=豊岡市役所

 ■「機運高めた」 参加市民ら表彰

 地球と月3往復分の歩数達成を目指したプロジェクト「とよおか歩キンピック」で、豊岡市は1日、優秀歩行者らを表彰した。最終集計の結果、残念ながら目標の約半分の17億歩にとどまり、「市民の夢」実現は消えたが、同市は「市民に歩こうという機運は高まった。一歩前進」と前向きにとらえている。

 「歩いて暮らすまちづくり」推進のため、同プロジェクトは今年4~10月末に展開。1歩約70センチとして3往復分の距離に相当する計33億歩踏破に向け、市民に参加を呼びかけた。

 同市健康増進課によると、期間を通して連日挑戦したのは1100人。単発参加は延べ約3万6千人に達したが、結果は計17億1380万歩余で、月とは約1往復半、地球約30周分の距離となった。「PRが行き届かなかった」と同課は分析。目標に到達できなかったことで、市民から募集して決めた「有名アスリートを豊岡に呼ぶ」という夢は実らず、来年度の予算化はなくなった。

 しかし、申告歩数をもとにしたこの日の表彰式では1日平均3万歩超の健脚も。男女各3位までの市民や団体にはメダルなどが贈られた。中貝宗治市長は「今後も1人でも多く、1人でも長く歩いてもらえるような取り組みをしたい」と話した。

 主な表彰者、団体は次の通り。(敬称略)

 男子1位=本谷克己(68)677万804歩▽女子1位=小牧素女(52)463万8940歩▽最高齢賞=山崎幸雄(91)227万5260歩▽団体賞=チーム消防(豊岡市消防本部、128人)▽特別賞=県立豊岡高校