産経ニュース

【ろっけんグルメ】旬の地場野菜にこだわり 湖畔の杜レストラン ORAE(秋田県仙北市)

地方 地方

記事詳細

更新

【ろっけんグルメ】
旬の地場野菜にこだわり 湖畔の杜レストラン ORAE(秋田県仙北市)

野菜プレートとこまちビール 野菜プレートとこまちビール

  「ORAE(おらえ)」とは秋田弁で「私の家」。「いつでも来て下さい」という意味を込めた店は、田沢湖畔の推定樹齢280年というナラの巨木のそばにある。「地元の風土の恵みを生かす」と地場野菜にこだわる。まず試したいのは1日限定20食の「秋田の伝統作物料理プレートセット」(税別1800円)だ。

 メインが近隣の田沢地区のナガイモを使ったコロッケ、そのナガイモのムカゴ(球芽)に秋田産のてんこ小豆(黒ささげ豆)と大仙市産の石橋ゴボウの炊き込みご飯、横手市山内地区のいものこ(里芋)とニンジンのみそ汁がつき、副菜に湯沢市三関地区のセリ、秋田が日本一の生産量を誇るジュンサイ、仙北市の西明寺栗などがつくボリューム満点のセットは、農家の食卓を再現したような素朴で優しい味わいだ。

 平成11年にオープン。運営会社トースト(秋田県仙北市)の関口久美子常務は「農業を発展的に創造して、おいしい、楽しい、心地よいといったものを形にしていきたいと考えた」と話す。県内の農家と契約して野菜を調達。旬の野菜を提供するため、メニューは季節ごとに変わる。

 地場野菜へのこだわりは、「米どころ秋田」のあきたこまちを使ったビール醸造にも結びつく。併設する醸造施設で作るこまちラガー(330ミリリットル、税別500円)はすっきりした味わいで、野菜料理にぴったりだ。

続きを読む