産経ニュース

青森鳥インフル 「情報提供、国と連携」知事、風評防止へ安全性周知

地方 地方

記事詳細

更新


青森鳥インフル 「情報提供、国と連携」知事、風評防止へ安全性周知

 青森市の家禽(かきん)農場で、食用のアヒルから高病原性鳥インフルエンザが見つかった問題で、県は30日午前8時から殺処分されたアヒルの埋却処分を始めた。1日夜までに作業を終えたいとしている。一方、三村申吾知事は30日の県議会一般質問で、国と連携し、埋却処分や正確な情報提供に努める考えを示した。

 県高病原性鳥インフルエンザ防疫対策本部(本部長・三村知事)によると、殺処分されたアヒルは発生農場からの聞き取りで、当初は約1万6500羽としていたが、実際に処分したのは1万8360羽で、11月29日午後8時5分に完了した。

 埋設地となった、発生農場から約400メートル離れた市有地では長さ40メートル、幅6メートル、深さ4メートルの穴を3つ掘削し、消毒用の消石灰をまき、浸水を防ぐシートを敷いた後、処分されたアヒルが入った専用のバッグをクレーンで埋め、土をかぶせる作業が続けられた。県によると、30日午後3時現在で331袋を埋却した。

 一方、発生農場から半径3キロ以内の4農場と系列農場1カ所を対象にした臨床検査で異常は確認されなかったが、今後、詳しい検査結果が判明するまで3日~1週間程度かかる見通し。

 また、風評被害を防止するため、県は県内の量販店に対し、感染した家禽の肉や卵は市場に流通していないことや、国内で人が感染した事例が報告されていないことから安全性を周知した。さらに、消毒ポイントでの車両の消毒や他の農場への防止対策の徹底を指導する。