産経ニュース

【長野の畑遺体】被害男性の勤務先の貴金属買い取り店物色、2人組逃走

地方 地方

記事詳細

更新

【長野の畑遺体】
被害男性の勤務先の貴金属買い取り店物色、2人組逃走

 11月27日に長野県南牧村の畑で、甲州市大和町初鹿野の会社員、斉藤弥生さん(36)が埋められた状態で見つかった死体遺棄事件で、斉藤さんが店長として勤務していた昭和町清水新居の貴金属買い取り店に同日未明、2人組が侵入し、店内を荒らしていたことが30日、明らかになった。

 捜査関係者によると、11月27日午前3時すぎ、店の防犯システムが作動し、経営者と警備会社の社員1人が駆けつけたところ、目出し帽をかぶり、店内を物色している2人組と鉢合わせになった。2人組は逃走したといい、山梨県警は防犯カメラの映像を解析。窃盗容疑で捜査し、死体遺棄事件との関連も調べる。

 斉藤さんは11月26日午後8時の閉店まで勤務。窃盗事件後に経営者が「斉藤さんが行方不明になった」と警察に届け出た。同店で働いていたのは経営者と斉藤さんの2人。現在は営業を休んでいる。長野県警によると、遺体発見現場から約2キロ離れた南牧村の村道脇で見つかった全焼した乗用車は、斉藤さんが使っていた車と同車種だった。斉藤さんが乗っていた車か確認を急いでいる。