産経ニュース

長崎新幹線FGT開発遅れ 与党「導入時期順守を」

地方 地方

記事詳細

更新


長崎新幹線FGT開発遅れ 与党「導入時期順守を」

 与党の九州新幹線長崎ルートの整備に関する検討委員会は30日、平成34年度の暫定開業時にフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の先行車を一部列車に導入するスケジュールの順守を、国土交通省に求めた。部品の不具合で中断しているFGTの耐久走行試験については、来年6月ごろの再開に向け、検証を急ぐよう要請した。

 委員長の松山政司参院議員(福岡選挙区)は同日の会合後、記者団に「来年の初夏に再開できれば導入スケジュールに間に合うとのことだが、それを越えると問題だ」と述べた。