産経ニュース

【東京五輪】埼玉、五輪ボート彩湖落選 「環境面では上なのに」関係者落胆 事前合宿誘致目指す 

地方 地方

記事詳細

更新

【東京五輪】
埼玉、五輪ボート彩湖落選 「環境面では上なのに」関係者落胆 事前合宿誘致目指す 

知事と森氏発言に食い違い

 東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー会場見直しをめぐり、大会組織委員会、政府、東京都、国際オリンピック委員会(IOC)のトップらが29日、都内で開いた会合で、会場は現計画の「海の森水上競技場」(東京)に決定、戸田市の彩湖は選ばれなかった。上田清司知事は「受け止めざるを得ない」と述べ、彩湖誘致を進めてきた県内のボート競技関係者は「環境面では彩湖が上だ」と無念さをにじませた。(川畑仁志、菅野真沙美)

                    

 上田知事は同日夕、県庁で報道陣に「4者協議で最終的に決まったので受け止める。より立派な会場の設営、運営をしてもらいたい」と述べた。

 4者協議では、組織委の森喜朗会長が上田知事から「自分はやりたくない。どうせ(彩湖が)駄目なことは分かっている。お断りする」との発言があったと説明し、「受け入れ用意がある」としてきた上田知事の姿勢と食い違いを見せた。上田知事は「発言はしていない」と否定した上で、「そういう形で(名前が)出るのは困るという感じだ」と不快感を示した。

続きを読む