産経ニュース

結成2周年を迎えた「美しい日本の憲法をつくる熊本女性の会」 熊本

地方 地方

記事詳細

更新


結成2周年を迎えた「美しい日本の憲法をつくる熊本女性の会」 熊本

高原朗子氏 高原朗子氏

 ■運営委員長・高原朗子氏「改憲へ草の根運動を」

 女性の視点で憲法改正の必要性や意義を広める国民運動組織「美しい日本の憲法をつくる熊本女性の会」(木村良子会長)が11月、結成2周年を迎えた。憲法改正を目指す女性の会として全国で初めて発足し、熊本を拠点に啓発活動を続けた。運営委員長として会を牽引(けんいん)する熊本大教授の高原朗子氏(54)は「草の根で運動の輪を広げたい」と語った。(南九州支局 谷田智恒)

                   ◇

 熊本女性の会は、2年前の平成26年の正月頃、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」が結成されると聞いたのがきっかけです。

 「女性が憲法問題に興味を持ち、動こう。私たちも勉強会をやらなければならない」と、女性有志が集まったのです。

 言葉は悪いかもしれませんが「おじさんたちだけで憲法改正を訴えていても、問題は解決しない」と考えたのです。26年10月に発足した国民の会の共同代表も、ジャーナリストの櫻井よしこさんですね。

 当初10人弱で勉強会を始めました。菓子やお茶を楽しみながら和気あいあいと。この雰囲気は今も続いています。

 同じ年の5月の連休明けに、木村良子氏が合流してくださり、会長に就任してもらうことになりました。木村さんは、元自民党参議院議員、木村仁氏の夫人です。自民党の国会議員や地方議員のご夫人方や、党県連女性局に声をかけてもらい、一気に百人近くの賛同者が集まったのです。

 26年11月3日、熊本市で結成大会を盛大に開きました。憲法改正を目指す女性の会は、全国で初めてでした。

 「鉄は熱いうちに打て」。その月の下旬の連休に、県内の衆院5選挙区ごとに、「なでしこの集い」を開催しました。集いは講義形式です。一方、少人数の勉強会「なでしこカフェ」も開いています。こちらは座談会形式です。

 これまでの2年間で、大小合わせて県内160会場で集会を開きました。参加者は延べ約3200人に達しています。

 講師は仕事柄、私が務めることが多いのですが、他のメンバーも紙芝居などで、現行憲法の問題点をわかりやすく解説しています。

 私は憲法学者でなく、心理学者です。法律論や条文解釈を研究しているわけではありません。

 ただ、人間がある事象を理解するのに、どのようにしたらよいのか、ということについては専門家です。

 憲法9条と安全保障をめぐる問題では、「ドラえもん抑止力」の例え話をします。

 ジャイアンはよく、のび太をいじめるが、ドラえもんがいれば、いじめが収まり、ドラえもんのグッズで一緒に遊んだりもする。ドラえもんは、抑止力として機能しているのです。

 「九条の会」ら改憲反対派は「自衛隊を国防軍に明記したら暴走する」と言いますが、そもそも、のび太もドラえもんも悪い子ではないのです。

 今年3~4月、活動の輪を広げようと、九州キャラバンを展開しました。佐賀、大分、福岡、宮崎、鹿児島を回りました。

 「さあ、次のステージの活動を」と検討していた直後の4月、熊本地震が発生しました。

 地元が被災し、会の活動も一休みを余儀なくされました。

 でも、あせっても仕方がない。女性の会はその後、福岡、佐賀で結成に向けた動きがあります。私たちの悲願は、九州全域に女性の会ができることです。

 今後も、お呼びがかかれば、草の根で運動の輪を広げるため、どこへでも出向きます。県外にも積極的に足を運び、熊本地震の話を含め伝えたいと考えています。

                   ◇

【プロフィル】高原朗子

 たかはら・あきこ 昭和37年10月生まれ。九州大経済学部卒業後、同大学院教育学研究科で障害児心理学を学ぶ。民間の知的障害者施設副園長や大学教員を経て、熊本大教育学部教授(臨床心理学)。臨床心理士の資格も持ち、熊本地震では災害対策コーディネーターとして被災者の心のケアに当たった。