産経ニュース

子育て世帯呼び込み 埼玉県が東武、埼玉高速鉄道と協定

地方 地方

記事詳細

更新


子育て世帯呼び込み 埼玉県が東武、埼玉高速鉄道と協定

 県は東武鉄道、埼玉高速鉄道の2社とそれぞれ、沿線の子育て世帯の県内への住み替え促進と沿線地域活性化に向けた相互連携協定を締結した。鉄道施設や車両を活用して県の住宅関連施策を積極的にPRする。

 県は多子世帯の住環境向上を支援するため、中古住宅の取得やリフォームの諸経費に対し最大50万円を補助する事業や、県営住宅で若年の低所得世帯を対象にした募集区分を設け、当選確率を高くする「子育てハッピー県営住宅」制度などを推進している。

 協定に伴い、2社は駅や電車内で県施策を紹介するほか、主要駅などで住み替えに関する県との共同相談会の開催を予定している。県と東武鉄道は「東武鉄道×県 もっとずっとプロジェクト」を立ち上げ、東武側が12月にサイトを開設、沿線の魅力を発信する。