産経ニュース

年末年始の防犯呼びかけ 京都・右京署に般若の大たこ設置

地方 地方

記事詳細

更新


年末年始の防犯呼びかけ 京都・右京署に般若の大たこ設置

 年末年始の防犯を呼びかけるため、右京署(京都市右京区)に28日、約40畳分(縦約9メートル、横約6メートル)の大たこが設置された。

 大たこは、地元の右京防犯推進委員連絡協議会会長で染色業を営む椿原正人さん(73)が、犯罪や事故が減るようにと願って昭和60年から毎年、絵柄を変えて手書きで制作しており、今年で31回目。

 約1カ月半かけてつくったといい、「犯罪を許さない」という強い怒りを般若(はんにゃ)で表現し、特殊詐欺やひったくりなどの犯罪の根絶を訴えかけている。

 同署員や学生防犯ボランティアなど約30人が協力し、同署正面玄関の上に大たこを取り付けた。年末年始の間はずっと掲げられ、1月15日に地域のイベントでたこ揚げされるという。椿原会長は「このたこを通じて、犯罪撲滅を発信していきたい」と話していた。