産経ニュース

ハウステンボス、新体制初の減収減益

地方 地方

記事詳細

更新


ハウステンボス、新体制初の減収減益

 長崎県佐世保市のテーマパーク、ハウステンボス(HTB)は28日、平成28年9月期決算(昨年10月~今年9月、単体)を発表した。熊本地震の影響で、22年に旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)が再建支援を始めて以来、初の減収減益となった。ただ、地震の影響は一過性とみられ、沢田秀雄社長は、イベント強化や新アトラクション導入で巻き返す考えを示した。 (高瀬真由子)

 年間入場者数は289万人で、目標の357万人には遠く及ばず、前期(26年10月~27年9月)と比べても6・9%減少した。

 最大の理由は、4月に起きた熊本地震だった。直接の被害はなかったが、観光の自粛ムードが広がった。5~6月の入場者数は、前年同期に比べ2~3割も落ち込んだ。

 この結果、売上高は前年同期比3・8%減の286億円、最終利益は前年同期比65・7%減の20億円だった。平成24年に運航していた長崎港と中国・上海を結ぶ大型旅客船の減損処理(35億円)を計上したことも影響した。船は売却の可能性が大きいという。

 それでも、地震の影響は比較的早く収まった。

 7月に多様なアトラクションが楽しめる「海上ウオーターパーク」が始まり、ロボットが接客する「ロボットの王国」も開業した。

 これが奏功し、8月の入場者数は過去最高を記録した。年間を通じた入場者の大幅な落ち込みは、食い止められた。

 記者会見した沢田氏は「良いイベントを行った時期は(入場者数が)伸びた。新しい事業、イベントで、もう一度二桁成長に戻したい」と強気の姿勢を見せた。

 6年余りの実績が、強気を裏打ちする。

 HTBはHIS体制となって以降、「日本一」や「世界一」を掲げたイベントを次々と展開し、右肩上がりの成長を続けた。「赤字テーマパーク」の汚名は返上した。

 今後も積極策に出る。

 ゲーム「ポケモンGO」で定着した拡張現実(AR)や仮想現実(VR)を体験できる「夢と冒険の王国」を来年3月以降、順次整備する。

 HTB場内に加え、昨年11月に取得した大村湾の無人島、長島(同県西海市)を活用し、バーチャル空間を楽しめるエリアにするという。「花の王国」「ゲームの王国」などに続く7番目の王国となる。

 来年3月には出入国ゲート近くの場外に、ご当地グルメが購入できるショッピングエリアを開業し、周辺も含めたにぎわいづくりに取り組む。

 HTBは29年9月期通期の業績見通しを、入場者数が17%増の341万人、売上高は14%増の328億円、営業利益は31%増の100億円と見込む。いずれも新体制移行後、最高の数値を掲げた。

 HTBは親会社、HISの業績を支える主力子会社になった。沢田氏は、今月1日付でHISの会長から社長に復帰した。

 沢田氏は「HISもHTBも、大きくビジネスモデルを変える。新しい戦略に切り替える」と述べ、世界で戦う体制づくりに意欲を示した。