産経ニュース

運動部に関する調査結果公表 高校の加入率、最高更新 栃木

地方 地方

記事詳細

更新


運動部に関する調査結果公表 高校の加入率、最高更新 栃木

 栃木県教育委員会は平成28年度県中学校・高校運動部に関する調査結果を公表した。高校の運動部加入率は44・5%と前年度を0・7ポイント上回り、昭和49年度の調査開始以来、5年連続で過去最高を更新した。高校の男子は前年度と同じ55・0%、女子は前年度を1・2ポイント上回り33・3%で共に過去最高だった。県教委スポーツ振興課は「県内プロスポーツチームと県出身選手の活躍が続き、ここ数年、生徒のスポーツ意欲が高まっている」とみている。

 中学校の運動部加入率は前年度を0・6ポイント下回り71・9%で3年連続低下。地域スポーツクラブなどへの加入率が年々高まる傾向にあり、学校部活動加入率が下がっているとみられる。

 部員数の多い競技は、中学校男子は、(1)サッカー(2)ソフトテニス(3)軟式野球。女子は、(1)ソフトテニス(2)バレーボール(3)卓球。高校男子は、(1)サッカー(2)硬式野球(3)バスケットボール。女子は、(1)バスケットボール(2)バレーボール(3)ダンス-だった。

 調査は6月、国公私立の中学校169校全校と高校は全日制75校、定時制8校、通信制2校で行った。