産経ニュース

【言葉の贅肉】伊奈かっぺい綴り方教室 「句。読、点々、ばらばら」

地方 地方

記事詳細

更新

【言葉の贅肉】
伊奈かっぺい綴り方教室 「句。読、点々、ばらばら」

 どこの、だれ、とは言わないが、近頃、テレビに、やたら出てくる人がいて、その人の、話の内容を、そのまま書くと、どこの、だれ、と、はっきり、わかってしまう、ので、あえて、こんな、書き方をしてみた、私の話は、読みにくい、聞き、にくいでしょうか。

 くとうてん【句読点】句点と読点。

 くてん【句点】文の切れ目に打つ記号。現在は多く「。」を用いる。

 とうてん【読点】一つの文の内部で、語句の断続を明らかにするために、切れ目に施す点。「、」(広辞苑)

 さて、冒頭、書き出しの一文。句点「。」はひとつだけですが、読点「、」は多過ぎだったろうか。もう一度「、」を意識して、声に出して読んでみていただきたい。まるで、聞き分けのよくない子どもに噛んで含め、悟らせるような読み方、言い方になっているだろうか。それとも、話している本人が次に発する言葉を探せない、出て来ないのでつい、こんな言い方になってしまっている。時に聞き手をいらいらさせてしまうだろうか。でも、話し手の気持ちは余すことなく相手に伝わる、伝わっているはずだ。

 その人は--

 どこのだれとは言わないが近頃テレビにやたら出てくる人でその人の話の内容をそのまま書くとどこのだれだとはっきりわかってしまうかも知れないのであ、えてこんな書き方をしてしまったわたしですが確かにもこんな言い方をする人がいたなあと思った方もいたは、ずですよねと思うのはわたしだけではありますまいだけど…と句点はおろか、読点すら消してしまう人。いますねえ。

続きを読む

関連ニュース

【言葉の贅肉】伊奈かっぺい綴り方教室 「明日になれば明日になっても」