産経ニュース

門前町、重伝建に指定へ 戸隠ブランド、国お墨付き 宿坊群は全国初 長野 

地方 地方

記事詳細

更新


門前町、重伝建に指定へ 戸隠ブランド、国お墨付き 宿坊群は全国初 長野 

 ■連峰との一体性評価

 国の文化審議会は21日、長野市の戸隠神社の宿坊群を中心とした門前町「戸隠伝統的建造物群保存地区」を、重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定するよう松野博一文部科学相に答申した。年内にも宿坊群として全国初の重伝建に指定される。他に例を見ない歴史的な町並み、景観に国のお墨付きが得られる形で、今も多くの観光客でにぎわう戸隠のブランド力がさらに強まることが期待される。

 県内の文化財が重伝建に選定されるのは南木曽町の妻籠宿(つまごじゅく)や塩尻市の奈良井宿などに続いて7地区目で、長野市では初めて。対象地区は、戸隠宝光社(ほうこうしゃ)の全域と中社(ちゅうしゃ)、宝光社東、宝光社西、堂前林(どうまえばやし)、向林(むけべし)、東谷、上泡原(かみあわら)のそれぞれ一部で、総面積は73・3ヘクタールに及ぶ。平成17年に同市と合併した旧戸隠村のほぼ中心部に位置し、大部分が妙高戸隠連山国立公園に含まれる。

 標高1100メートル以上に広がる一帯は、古代から受け継がれてきた戸隠信仰の拠点として栄えた。修験(しゅげん)者たちの修行の場で知られ、近世には戸隠山顕光寺(けんこうじ)の門前町として発展した。明治時代の廃仏毀釈(きしゃく)で同寺が戸隠神社に姿を変えた後も、信者たちでつくる「戸隠講」を中心とした信仰は続いている。

 宿坊が連なる景観は、あつい信仰がなおも息づいている表れとされる。重伝建への選定に際しても、信仰を生んだ戸隠山(標高1904メートル)をはじめとする戸隠連峰の雄大な自然環境が、戸隠神社や宿坊群などの集落と強い一体性を保っていることなどが評価された。

 戸隠講の信者らが寝泊まりする宿坊は、大規模で豪壮な造りが特色だ。母屋内には祭殿を設け、屋根の中央部分が前方に張り出した「向拝(こうはい)」など、社寺に見られる様式を踏襲する建物が少なくない。観賞用の庭園を備えたものもあり、重伝建の選定理由では「宿坊建築の特徴をよく示している」とされた。

 重伝建への選定について加藤久雄長野市長は「大変うれしく思う。これまでの地域の皆さんのご努力に改めて感謝するとともに、戸隠地区のさらなる魅力づくりに決意を新たにしている」とコメントした。地元も「町並みが評価されることは戸隠にとって誇り。さらに観光客をもてなす励みとしたい」(戸隠観光協会)と喜びに沸いた。

 市教育委員会は来年度、国や県の財政支援を活用し、建造物の修理に対する補助制度を創設する方針。重伝建の指定を紹介する看板の設置も検討している。市教委文化財課は「木造で大きな宿坊も多く、門前町の町並みを維持するために適切な修理を進めたい」としている。