産経ニュース

民進県連代表が辞任へ 黒岩氏 知事選など混乱で引責 新潟

地方 地方

記事詳細

更新


民進県連代表が辞任へ 黒岩氏 知事選など混乱で引責 新潟

 民進党県連代表の黒岩宇洋衆院議員(50)が、知事選などで混乱を招いた責任を取り、県連代表を辞任する見通しとなった。22日に開く県連の常任幹事会で正式に決める予定。

 同党県連は知事選で独自候補の擁立を断念し、9月中旬に自主投票を決定。米山氏は同党を離党し、出馬に踏み切った。一方で同党の支援団体、連合新潟は自民党と公明党が推薦した森民夫氏を支持するなど関係がぎくしゃくした。さらに他の野党が民進党への不信感を抱く結果を招いた。

 同党関係者によると、国会内で18日に開かれた本県選出の国会議員の会合で、黒岩氏が一連の混乱に関して責任を取るという趣旨の発言をしたという。

 年明け早々の衆院解散・総選挙が取り沙汰されていることから、県選出の国会議員の一人は取材に対し「不信感を払拭し、連合新潟と従来の協力関係になるよう努める」と話した。