産経ニュース

仙台育英2年ぶりV 高校野球秋季東北大会

地方 地方

記事詳細

更新


仙台育英2年ぶりV 高校野球秋季東北大会

 高校野球秋季東北大会は19日、山形県中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムで決勝戦を行った。県大会優勝校同士による対戦は仙台育英(宮城)が盛岡大付(岩手)を6-2で振り切り、2年ぶり9度目の優勝を飾った。

 仙台育英は11月に東京・神宮球場で行われる明治神宮大会への2年ぶりの出場を決めるとともに、来春に甲子園球場で行われる選抜高校野球大会への出場も確実にした。仙台育英は4試合すべてに先発した左腕エースの長谷川拓帆(2年)が7回を1失点で抑えると、勝利の方程式である佐川光明(2年)-西巻賢二(2年)の投手リレーで盛岡大付の反撃を封じた。

                   ◇

 ▽決勝

 仙台育英(宮城)

 104 000 010-6

 000 001 010-2

 盛岡大付(岩手)

 (仙)長谷川、佐川、西巻-尾崎、渡部

 (盛)三浦瑞、平松-松田

 (仙台育英は2年ぶり9度目の優勝)