産経ニュース

長崎で護衛艦「あさひ」進水式 新型ソナー、探知力高める

地方 地方

記事詳細

更新


長崎で護衛艦「あさひ」進水式 新型ソナー、探知力高める

 長崎市の三菱重工業長崎造船所で19日、建造が進められていた海上自衛隊の護衛艦の進水式があり、「あさひ」と命名された。燃費向上のため、海自の艦船としては初めて、ガスタービンエンジンに電気推進システムを組み合わせた。潜水艦探知力も高めた。

 海自によると、基準排水量は約5100トンで、全長151メートル、最大幅18・3メートル。新型の水中音波探知機(ソナー)システムを備えているという。建造費は約760億円。平成30年3月に就役予定で、配備先は未定という。

 式典には防衛省関係者ら約1300人が参加した。若宮健嗣防衛副大臣が、あさひと造船所をつないでいた「支綱」を切断すると、くす玉が割れ、あさひは滑らかに海上に滑り出した。