産経ニュース

結婚の悩み「解決策」を手帳で紹介 前橋市が支援プロジェクト

地方 地方

記事詳細

更新


結婚の悩み「解決策」を手帳で紹介 前橋市が支援プロジェクト

 若年層の結婚や出産、子育ての支援を行い、未婚率上昇や晩婚化をストップしようと前橋市は結婚支援プロジェクト「前橋みらい家族ラボ」を実施する。

 地域の課題を創造力で解決することをテーマに活動する東京都のNPO法人「issue+design(イシュープラスデザイン)」と協力。10年後に前橋市が「子育て家庭が選ぶまち」になることを目指す。

 その一環として、23日に同法人の筧裕介代表を招き市民ワークショップを行うほか、今年度中には「前橋結婚手帳」の作成を予定。

 結婚手帳は、市などの調査で明らかになった独身男女の「結婚はお金がかかる」「出会いがない」「異性に関心がない」などの悩みを元に5~6のストーリーを作り、その中で、それぞれが結婚に向けて一歩踏み出せるような解決策を提案する。

 前橋市の未婚率は年々増加し、18歳から34歳の未婚率は平成22年国勢調査で65・9%だった。特に女性は7年に56・8%だったのが61・8%に上昇している。市は「前橋版総合戦略」で未婚率上昇に歯止めをかける目標を掲げており、今後、結婚環境改善の活動普及を図る。