産経ニュース

山梨県の10月人口83万119人 「83万人」割れ目前に

地方 地方

記事詳細

更新


山梨県の10月人口83万119人 「83万人」割れ目前に

 県が18日発表した10月1日現在の推計人口は83万119人で、前年同月比で5046人(0・61%)減少した。世帯数は33万2239世帯で、同2286世帯(0・69%)の増加となった。

 県統計調査課によると、毎月の推計人口は平成12年9月の89万5646人をピークに減少傾向が続いている。

 前年同月比で減少した5046人のうち、死亡数から出生数を引いた「自然減」が3482人、転出数から転入数を引いた「社会減」は1564人だった。

 一方、前月比ベースでも334人減となった。県統計調査課によると、転出と転入がそれぞれ反映される4月と5月を除き、増減に大きく影響する季節的な要因はないという。

 今年は、4月が前月比2912人減となり、5月の同1273人増を大きく上回った。他の全ての月も、100~700人台で前月から減少している。

 このため、次に公表される11月1日現在の推計人口で、83万人を割る可能性が現実味を帯びてきた。後藤斎知事は「人口増」を重要政策に掲げているが、下げ止まり感はみられない。