産経ニュース

パルコなど3施設の懐かしの姿 別れ惜しみ…記念切手即完売

地方 地方

記事詳細

更新


パルコなど3施設の懐かしの姿 別れ惜しみ…記念切手即完売

 来月末に閉店する千葉パルコと、来年3月末で閉店することが決まった三越千葉店、ペリエ千葉(いずれも千葉市中央区)の商業施設3店合同による記念切手が18日、発売された。昭和30年代の千葉駅前の様子など貴重な写真を使った切手シートが限定販売され、各店とも開店から1時間足らずで完売した。

 記念切手は52円切手10枚セットで1千円。3店舗で1千シートを用意した。台紙部分は国鉄時代の千葉駅周辺の写真を配置したデザインで、切手には昭和51年の千葉パルコ開業当時の写真などを採用した。

 同店には同日朝から行列ができはじめ、午前10時の開店前には約50人が並んだ。同店販売分の400セットは開店から約30分で売り切れた。

 切手に使う写真を提供した「地域の歴史文化研究会」に所属する同市中央区の中島勝朗さん(76)は「40代の子供3人が小さいころは家族で買い物に来て、レストランで食事をした。三越もそうだが、古くからあるものがなくなるのはさみしい」と語り、自身も2シートを購入したという。同区の主婦(70)は「パルコは気取らない感じがよかった。切手は使わずに取っておき、小学生の孫にあげようと思う」と話した。

 同店の担当者によると、今のところ切手シートの再販予定はないという。