産経ニュース

こだわり和装で練り歩こう! 栄で来月3日「時代コスプレ大会」

地方 地方

記事詳細

更新


こだわり和装で練り歩こう! 栄で来月3日「時代コスプレ大会」

 栄町は侍や忍者、町娘などの和装コスプレを楽しむ初の「千葉・時代コスプレ大会」を11月3日に開催する。江戸から明治時代の風景を再現した県立房総のむら(同町龍角寺)の施設内を行進しながら、楽しさや面白さを観衆にアピールするイベントで、1チーム5~10人程度の団体参加者を今月21日まで募集している。

 成田空港が近い同町では、外国人観光客や若者などを呼び込む地域活性化策として、和装コスプレの拠点づくりに取り組んでいる。昨年11月には貸衣装や着替え場所を提供する「コスプレの館」を、房総のむらに隣接する町の総合交流拠点「ドラムの里」内にオープンさせた。同月には「時代コスプレまつり」も開催し、80人を超える参加者が和装コスプレを楽しんだ。

 今年は新たに大会形式での開催を企画。参加者はチームごとに、江戸時代の商家が再現された町並みなどを練り歩く。道中には審査員席があり、各チームのパフォーマンスや観衆へのアピールをチェックする。審査基準は踊りや衣装の優劣ではなく、審査員が「楽しい、面白い」と感じたチームを表彰するとしている。優勝チームには賞金3万円と町産のコメ10キロが贈られる。

 各チームはコンセプトを設定した上でコスプレをする。忍者や侍、行商人、町娘、新撰組、ハイカラさん(女学生)などの時代背景に合った衣装が条件で、アニメやゲームなどのキャラクターは不可としている。

 衣装はコスプレの館からレンタルすることもできるが、自分たちで準備できるチームが優先的に参加できる。

 参加団体は10チーム程度を募集。参加費は無料。申し込みに関する問い合わせは町産業課産業推進班(電)0476・33・7713。