産経ニュース

浦安3人刺傷 「下校する道…怖い」突然の凶行、住民に衝撃

地方 地方

記事詳細

更新


浦安3人刺傷 「下校する道…怖い」突然の凶行、住民に衝撃

 浦安市海楽の路上で18日夕方、包丁を持った女が次々に男女3人を刺してけがを負わせた殺人未遂事件。県警によると、同容疑で現行犯逮捕された近くの無職、瓜生裕美容疑者(32)は被害女性に馬乗りになって切りつけようとするなどしていたという。閑静な住宅街を突如襲った凶行に、現場周辺では衝撃と動揺が走った。

 「救急車が止まっているのに気付いて様子を見に行くと、男性が担架に横たわって運ばれていた。路上にはうずくまっている女性もいた」。自転車で帰宅中、現場周辺を通った近所の女性(74)は、事件直後の様子を震えた様子でこう振り返った。

 現場はJR新浦安駅から北西約1キロの一戸建ての住宅が立ち並ぶ住宅街の一角。県警などによると、逮捕された瓜生容疑者は3人を包丁で刺すなどし、自分の手首を傷つけていた。当初は意味不明な言動を繰り返していたというが、その後、包丁で人を刺したことを認め、「悩みが限界になり、やけになって人を刺した」という趣旨の供述をしているという。

 現場周辺には市役所や学校があり、事件発生時は下校時間帯と重なっていた。近くの女子中学生(14)は「(現場は)下校するときなどによく通る道です。事件が起きたときはまだ、学校にいました。帰宅してから事件を知ってびっくりしました。怖いです」と不安そうに話した。

 また、近くの主婦(49)は「まさか、こんなに静かな住宅地で人が刺されるとは…。犯人が捕まってひと安心ですが、中学生の娘はおびえて『外に出たくない』といっています」と話した。