産経ニュース

準強制わいせつ罪で医師を起訴 長野

地方 地方

記事詳細

更新


準強制わいせつ罪で医師を起訴 長野

 長野地検は17日、病院内で女性患者の体を触ったなどとして、長野市の栗田病院に在籍する医師、伊藤樹(たつる)容疑者(47)=千葉県松戸市=を準強制わいせつ罪で起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

 伊藤被告は昨年12月21日夜、同病院内で抵抗が不可能な状態にあった北信地方の10代の女性患者に対し、体を触るなどのわいせつな行為をしたとして9月27日に長野中央署に逮捕された。当時、栗田病院の精神科に勤務していたが、現在は休職中。