産経ニュース

諏訪湖ワカサギ大量死 県検討会、水替えやヘドロ浚渫の貧酸素対策を提言

地方 地方

記事詳細

更新


諏訪湖ワカサギ大量死 県検討会、水替えやヘドロ浚渫の貧酸素対策を提言

 諏訪湖で7月に発生したワカサギの大量死を受けて県は18日、同湖の環境改善に向けた生態学や環境など8人の専門家による検討会(委員長・沖野外輝夫信州大名誉教授)を県庁で開いた。大量死発生の原因解明には十分なデータがないとして、コンピューターによる複数のシミュレーションモデルを作成し、来年度以降の対策に反映させることを決めた。

 検討会では、オブザーバーとして出席した諏訪湖漁業協同組合(諏訪市)の藤森貫治組合長が大量死の原因とみられる湖水全体の酸素量が低下した「貧酸素状態」の解消対策を提言した。湖水からの貧酸素水の排出や有酸素水との入れ替えといった緊急対策と、水草「ヒシ」の除去による水質改善やヘドロの浚渫(しゅんせつ)などの恒久対策を求めた。

 貧酸素状態について検討会側からは、発生のメカニズムが不明確とする意見が相次ぎ、湖水温度の上昇や複合的要因の発生も指摘された。

 これに対し沖野委員長は、酸素が少ない下層部の湖水と比較的酸素が多い上層部の水を混合させるシミュレーションを行い、どのような条件下で貧酸素が発生したり解消したりするか解析することを提案。4人程度の作業チームで評価を来春まで行い、対策実施に向けた実験につなげていくことを確認した。

 終了後の取材に藤森組合長は「5月下旬から諏訪湖で発生する貧酸素の解消に向けて早く原因を突き止めてほしい」とシミュレーションの実施を評価した。