産経ニュース

万願寺甘とうなどPR 東舞鶴高生がCM制作

地方 地方

記事詳細

更新


万願寺甘とうなどPR 東舞鶴高生がCM制作

 府立東舞鶴高校(舞鶴市泉源寺)の2年生が、同市の特産品である「万願寺甘とう」と「かまぼこ」をPRするCM21点を制作し、18日、作品の審査を行った。今後、優秀作品2点を選んで、地域活性化CMコンテスト「全国わがまちCMコンテスト」(同コンテスト実行委員会主催、総務省など後援)に出品するという。

 同校は今年度、府教育委員会から地域貢献を進める「地域創生推進校」に指定されており、舞鶴市の魅力発信に取り組んでいる。2年生の総合教養コースで総合芸術を選択した生徒22人が今年6月、万願寺甘とうやかまぼこの生産現場を取材し、画像をもとに30秒のCMを作りあげた。

 この日、生徒らは作品のタイトルや工夫した点、CMで伝えたいことを説明。CMを上映し、PR力や構成力、作品の完成度を5段階で採点した。CMは特産品のPRにとどまらず、舞鶴の良さや自然に恵まれている点などをアピールする内容が多かった。

 CMをみた同市産業振興部農林課の言上(ごんじょう)真一主査は「取材した内容を反映し、特産品PRの目的に合わせて、しっかり構成した作品があった。さらに技術をみがいてほしい」と講評。作品を発表した白石悠馬さん(16)は「写真を選ぶのが難しかったが、うまくできたと思う」と話していた。