産経ニュース

米山氏、柏崎刈羽原発再稼働めぐり「県民投票も選択肢」

地方 地方

記事詳細

更新


米山氏、柏崎刈羽原発再稼働めぐり「県民投票も選択肢」

 知事選で初当選した米山隆一氏(49)は18日、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働への対応をめぐり、県民投票の是非について「難しい課題だが、最終的な意思決定の場合に考慮すべき選択肢の一つだ」と述べ、実施を視野に入れる考えを示した。

 県庁で県選挙管理委員会の長津光三郎委員長から当選証書を受け取った後、記者団の質問に答えた。

 証書を手に米山氏は「身が引き締まる思い」とした上で、政府や福島第1原発事故を起こした東電との対話に関し「立場の違いを前提に、きちんと話し合いのテーブルを持ちたい」と強調。世耕弘成経済産業相が求めた会談についても「間を置かずに」と述べ、早期に応じる姿勢を示した。

 県庁のかじ取りには「正しい意見が正しく通るようにすれば(組織が)小さくても大きくても適正に運営できる」と自信をみせた。