産経ニュース

詐欺に注意を呼びかけ 和歌山・橋本高野球部員が石にメッセージ

地方 地方

記事詳細

更新


詐欺に注意を呼びかけ 和歌山・橋本高野球部員が石にメッセージ

 県立橋本高校(橋本市)の野球部員1、2年計28人が、白く塗られた石約100個に、詐欺などへの注意を呼びかけるメッセージを書いて、近くのJR・南海橋本駅付近の歩道そばに並べた。

 この活動は橋本署や古佐田老人クラブ連合会などが協力して毎年実施。

 駅近くの古佐田区民会館に集まった部員を前に、同署橋本駅前交番の恩賀喜嵩巡査(27)が「詐欺の手口は巧妙になっているので、地域で防いでいきましょう」とあいさつ。

 その後、部員らは「ふりこむな!まず相談」「それはサギ 知らない電話 気をつけて!!」などといったメッセージを書いたり、関連するイラストを描いたりして完成させた。

 2年の松岡大輔主将(17)は「『詐欺の被害者が一人でも減ってくれれば』という思いで書きました」と話していた。