産経ニュース

牧之原の花愛ちゃん、来月8日に心臓移植へ渡米 両親「ご支援に感謝」

地方 地方

記事詳細

更新


牧之原の花愛ちゃん、来月8日に心臓移植へ渡米 両親「ご支援に感謝」

 心臓の働きが低下する「拡張型心筋症」で入院している生後9カ月の岩倉花愛(はな)ちゃん=牧之原市=の両親が18日、県庁で記者会見し、米国での心臓移植手術のために続けていた募金活動が目標額に達し、11月8日に渡米することを明らかにした。会見に臨んだ父親の永幸さん(30)と母親の雅子さん(30)は「多くの方々のご支援に感謝します。米国で移植ができ、花愛が元気になって静岡に帰ってこられるよう支えていきます」と募金への協力に感謝の気持ちを表明した。

 花愛ちゃんを支援する「はなちゃんを救う会」によると、6月中旬から県内外で行った募金活動で2億8695万5644円が集まり、手術を受ける予定の米コロンビア大病院に保証金約1億8700万円の支払いを済ませたという。

 花愛ちゃんは大阪府内の病院に入院中で、一時、肺炎にかかって体調を崩した時期もあったが、現在は回復しているという。渡航当日は関西国際空港からチャーター機で米国に向かい、到着後は移植待機リストに登録して臓器提供者(ドナー)を待つことになる。