産経ニュース

羽村の老人ホーム集団食中毒、病気悪化で4人死亡

地方 地方

記事詳細

更新


羽村の老人ホーム集団食中毒、病気悪化で4人死亡

 羽村市の有料老人ホーム「グリーン東京」で腸管出血性大腸菌O157による集団食中毒が発生し、入所する女性(82)が死亡した問題で、都は17日、新たに入院していた75~91歳の女性4人が死亡したと発表した。都によると、4人は食中毒をきっかけに肺炎などの病気が悪化し、死亡した。同施設での死者は計5人になった。

 8月27日~9月4日にかけて、死亡した5人を含め男女計32人が下痢や発熱などの症状を訴えた。都は給食業者「シーケーフーヅ」(岡山市)が調理し、8月22日に提供された「キュウリのゆかりあえ」が原因と特定している。

 同社が給食を提供する千葉県市川市の老人ホームでも8月下旬、O157による集団食中毒が発生。県によると、これまでに高齢の男女5人が亡くなった。