産経ニュース

1000人超が熱い演舞 香大生企画、高松で初のよさこい祭り

地方 地方

記事詳細

更新


1000人超が熱い演舞 香大生企画、高松で初のよさこい祭り

 香川大学の学生が企画した「第1回YOSAKOI高松祭り」(同実行委主催)が15、16の両日行われた。県内外から参加した43チーム、1千人を超える踊り手は、高松市の中央公園をメイン会場に、瓦町FLAGなど計5会場でパワフルな演舞を披露、市民を魅了した。実行委によると高松でよさこい祭りが行われたのは初めて。

 祭りは実行委員長の宇都宮拓人さん(22)=香大経済学部4年=が、県外で参加したよさこい祭りの熱気と迫力に感動し、「高松でもよさこいの楽しさを知ってもらいたい」と約1年半前から企画、大学の実行委員らとともに、企業や商店街に働きかけ協力を得た。

 宇都宮さんは「香川には高松まつりもあるが、自分らはよさこいで高松を盛り上げたいと思った」と振り返り、「小さなつながりが大きな輪になった。毎年の行事につなげていければ」と話した。

 高知県土佐清水市から参加した、よさこい連「いなん」の藤村亮太さん(31)は「気持ち良く踊れた。四国の中でよさこいが広がってくれるのがうれしい」と高松での開催を喜んだ。