産経ニュース

障害児や要医療の子供預かる 松戸に民間事業所オープン 千葉

地方 地方

記事詳細

更新


障害児や要医療の子供預かる 松戸に民間事業所オープン 千葉

 障害があったり、日常生活で医療処置が必要な0~6歳児を預かる民間の児童発達支援事業所「サボテンKIDS(キッズ)」(井上優実所長)が、松戸市六高台にオープンした。療養が必要な高齢者向けのデイサービスや訪問看護を手がける株式会社アース(佐塚みさ子社長)が、本社の隣に開設した。

 新施設は障害児や要医療の子供を持つ家族の負担が大きいことを知った訪問看護スタッフの声から計画された。施設は空き家を買い取って改装。費用は約6千万円でアースが負担した。看護師や管理責任者などを置く必要があり、経営面で困難を伴うことなどから、同様の施設は全国的にもまだ少ないという。

 開設は毎週水、木曜日の週2日。昼間に食事の手助けや呼吸器を使用する必要がある松戸市と近隣地域の子供を預かる方針。利用状況に合わせ、将来は月~金曜日に拡大したいとしている。

 4歳の男の子を預けている母親(44)は「自分の時間を持てるようになった。子供にも良い刺激になる。こうした施設があることが広く知られ、利用が増えて欲しい」と話す。井上所長は「利用して良かったと思ってもらえる施設にしたい」と話している。

 【問】同事業所(電)047・702・7345(午前9時~午後5時半)。