産経ニュース

阪神大震災の教訓生かし防災グッズ販売 生存伝える笛「UDEBUE」、神戸のデザイナーら発明

地方 地方

記事詳細

更新


阪神大震災の教訓生かし防災グッズ販売 生存伝える笛「UDEBUE」、神戸のデザイナーら発明

防災グッズ「UDEBUE(ウデブエ)」 防災グッズ「UDEBUE(ウデブエ)」

 阪神大震災を経験した神戸市のデザイナーらが、震災の教訓を生かした新たな防災グッズを発明した。救助を求めるための笛(ホイッスル)で、アクセサリーや時計のように腕に付けられる。その名も「UDEBUE(ウデブエ)」。震災20年の節目に生まれたアイデアを約1年半かけて形にした。「防災の日」の今月1日から販売を開始し、すでに約5千個を売り上げるヒット商品になっている。

 製作したのは、神戸市や明石市在住のデザイナーと会社員の男性3人。震災20年の節目を迎えた平成27年1月17日、神戸市中央区で開かれた追悼行事「1・17のつどい」の会場内の交流テントで、「震災の教訓を生かしたものを作ろう」と意気投合。明石市の会社員、森本高広さん(37)は「震災を知らない世代が増え、『このままではいけない』という共通の思いがあった」と振り返る。

 テント内で震災当時を語る被災者から「がれきの下敷きになり、自分の居場所を伝えられなかった」「声が届かなかった」という話を耳にした。

 助けを呼ぶための笛は、防災グッズとして広く知られるが、普段から持ち歩いている人は少ない。「ブレスレットみたいに腕に付けられる笛を作れないか」。その日のうちに「神戸ウデブエプロジェクト実行委員会」を結成した。

 3人は仕事の合間に、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でアイデアを共有。試作品は3Dプリンターを使って何度も作り直した。

 デザインはシンプルで、シリコン製の薄型バンドにプラスチックの笛を取り付けただけだ。こだわったのは笛の形。設計担当の森本さんは「少ない息でも、アラーム音のような高音域の音色が出せるようにしたかった」と語る。笛の長さはもとより、口をつける穴と音が出る穴の距離を何度も調整。離れたところからも聞こえる高音を実現させ、今年6月に完成した。

 製作資金は約150万円で、うち約50万円はネットで資金を募る「クラウドファンディング」で集め、残りはメンバーが出資した。今月1日からインターネットで販売を始めると、全国から問い合わせが殺到し、1カ月あまりで約5千個が売れたという。

 神戸市のデザイナー、土井孝純さん(47)は「電池不要でいつでも使える。遭難対策や子供の防犯グッズとしても活用できる」。森本さんも「災害は場所を問わない。一人でも多くの人に使ってほしい」と力を込めた。

 ウデブエは700円(税込み)。黄色、青、オレンジの3色から選べる。インターネットの「もりもと技術研究所オンラインショップ」で購入できる。