産経ニュース

【開催中です!】写真展「関東鉄道竜ケ崎線-龍崎鉄道・鹿島参宮鉄道竜ケ崎線」

地方 地方

記事詳細

更新

【開催中です!】
写真展「関東鉄道竜ケ崎線-龍崎鉄道・鹿島参宮鉄道竜ケ崎線」

 10月2日まで、茨城県龍ケ崎市の市歴史民俗資料館で。鉄道ファンらが戦前から撮影した写真などを通じ、同市内で運行している関東鉄道竜ケ崎線の歴史をたどる。

 竜ケ崎線は明治33年8月に関東鉄道の前身となる龍崎鉄道が開業した。先の大戦を乗り越え、2度にわたる鉄道会社の統合と合併を経て、平成22年に110周年を迎えた。運行距離は竜ケ崎-佐貫駅間の4.5キロ。同資料館によると、県内最古で最短の路線という。

 会場では「関東鉄道竜ケ崎線-龍崎鉄道・鹿島参宮鉄道竜ケ崎線(上・下)」(ネコ・パブリッシング)に掲載された写真を中心に約100点を展示。機関車の給水風景や駅の様子などから、市の交通史をうかがい知ることができる。

 開館時間は午前9時~午後5時。入館無料。月曜休館。問い合わせは、同資料館(電)0297・64・6227。