産経ニュース

千葉県消防学校3教官が体罰 平手打ちなど生徒9人に

地方 地方

記事詳細

更新


千葉県消防学校3教官が体罰 平手打ちなど生徒9人に

 県消防学校は21日、同校の男性教官3人が今年2月から今月にかけ、初任科の19~25歳の男性生徒9人の頬を平手打ちするなどの体罰を加えていたと発表した。今後、生徒に対する聞き取り調査を実施する方針。同校はまた、昨年9月に別の男性教官1人が男性の生徒2人に対して体罰を行っていたことも明らかにした。

 同校によると、今月8日朝、男性教官(41)が訓練中に23歳と19歳の男性生徒の顔を平手打ちするなどし、23歳の生徒が鼻を打撲するけがを負った。この教官は生徒の訓練態度に問題があると判断して体罰を加えたといい、その後、両生徒に謝罪した。この事案を受けて同校が教官全16人に体罰の有無について聞き取り調査を行った結果、同じ教官が訓練中に別の生徒1人の臀部を蹴ったと明かしたほか、別の41歳と43歳の男性教官も、訓練中などに別の生徒5人と1人にそれぞれ平手打ちをしたと話したという。

 一方、昨年9月の事案では、この3人とは別の教官が生徒2人の顔を平手打ちし1人にけがを負わせていたという。

 体罰をした4人はいずれも県内の消防本部から派遣されてきた職員という。同校では昨年9月の事案を受けて教官らに体罰禁止の徹底を指導していたというが、「体罰に対する認識が甘かった」と謝罪。今後は外部の専門講師を招いたパワーハラスメント研修や卒業・在学生に体罰についてのアンケートを実施して再発防止に努めるとしている。