産経ニュース

憲法改正目指し街頭活動を再開 熊本の2団体

地方 地方

記事詳細

更新


憲法改正目指し街頭活動を再開 熊本の2団体

 憲法改正運動に取り組む美しい日本の憲法をつくる熊本県民の会と、熊本女性の会が21日、熊本市中央区の下通商店街で憲法改正街頭活動を再開した。熊本地震の影響で4月に中断したが、今後も毎月第3土曜日を中心に継続する方針。

 両団体から15人が参加し、中国の海洋進出の実態を解説したパネルを展示したり、憲法改正の啓発用チラシなどを通行人に配りながら、憲法改正への理解を求めた。同会の外口栄一氏は「参院選で改憲勢力が3分の2を超え、憲法改正は具体的な議論の段階に入った。国民投票実現に向けて訴えたい」と述べた。

 また、日本会議熊本は27日午後1時半、熊本県民交流会館パレアホールで、ジャーナリストの井上和彦氏を講師に迎え、講演会「なぜ今憲法改正か~メディアが伝えない本当のこと」を開く。前売り券1千円、当日は1500円。日本会議熊本事務局(電)096・322・7484。