産経ニュース

北上山地へのILC誘致へ岩手県が連携室設置

地方 地方

記事詳細

更新


北上山地へのILC誘致へ岩手県が連携室設置

 宇宙誕生の謎に迫る次世代巨大加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の北上山地への誘致活動の拠点となる「岩手ILC連携室」が、盛岡市の県先端科学技術研究センターに開設された。

 ILCの国内候補地は研究者の間で北上山地(奥州市、一関市、宮城県気仙沼市)に一本化されており、政府は2年後をめどに誘致の可否を判断する。

 ILCをめぐっては、北上山地への誘致活動を産学官で進める東北ILC推進協議会(仙台市)が14日に「東北ILC準備室」(室長・鈴木厚人県立大学長)を設置している。

 県が設置した連携室は研究者の受け入れや企業の参入支援・誘致に向けたネットワークづくりの拠点として期待されている。吉岡正和東北大・岩手大客員教授は「ILCは産業へのインパクトも大きい。東北全体の前線基地ができ、活動を組織的に展開することができる」と開設を評価した。