産経ニュース

複数の揺れを「ザブトン」で体験 静岡県地震防災センターきょう公開

地方 地方

記事詳細

更新


複数の揺れを「ザブトン」で体験 静岡県地震防災センターきょう公開

 小型地震シミュレーター「地震ザブトン」の内覧会が15日、静岡市葵区の県地震防災センターで開かれた。同センターに設置されていた地震体験装置が老朽化により4月に故障したことを受け、急遽(きゅうきょ)導入されたもので、16日から一般公開が行われる。

 地震ザブトンは揺れを作り出す巨大な座布団型の装置の上に置かれたいすに座ることで、東日本大震災や阪神大震災などと同じ複数の揺れを体感することができる。目の前のスクリーンには地震の揺れと同期した室内の映像が映し出される仕組みで、実際に体験した人は「映像と合っているのでリアルだった。実際に地震が起きたら何もできないなと感じた」と話していた。

 同センターによると、今年度末までは運用を続ける予定。