産経ニュース

かつての花街再び 宇都宮で芸者遊び体験はいかが

地方 地方

記事詳細

更新


かつての花街再び 宇都宮で芸者遊び体験はいかが

 宇都宮市で昭和30年代に栄えていた花街のにぎわいを復活させようと、割烹(かっぽう)料理「はなろくしょう」(同市本町)が芸者を呼ぶプランを始めている。6月の毎週金曜は期間限定で芸者のお酌を無料で体験できるサービスがあり、なじみが薄い芸者との会話に興じる客の姿が見られた。

 雰囲気のあるお座敷の小部屋に品の良い笑い声が響き渡る。注がれた酒を飲む客もどことなく粗相のないように気を使いつつ、笑顔が絶えない。

 同店は3月から本格的に芸者を呼ぶプランを開始。最盛期には宇都宮市内に150人いたという芸者は現在1人もおらず、東京から呼んでいる。予約すれば、1人3万円(5人から)で2時間、お座敷遊びなどを体験できる。同店は「かつての花柳界の活気を取り戻したい。外国人観光客にも興味を持ってもらえればうれしい」とアピール。今回のサービスはお座敷遊びなどの入り口として、まずは芸者との交流を体験してもらう試みだ。

 酌を受けた宇都宮市の男性会社員(47)は「初めて体験できて新鮮な感じがする。京都のイメージがあるけど、宇都宮で日本の文化に触れることができた」と相好を崩した。