産経ニュース

無線LANつき自販機、京都府内で初めて設置

地方 地方

記事詳細

更新


無線LANつき自販機、京都府内で初めて設置

 NTT西日本京都支店(京都市中京区)は24日、自動販売機設置業者のコーシン(本社・金沢市)と共同で、府内で初めての公衆無線LAN(Wi-Fi)機能つきの自動販売機を京都市内2カ所に設置。無料のWi-Fiサービスを開始した。

 「日本はWi-Fiのアクセスが悪い」という外国人観光客らの要望にこたえた。府が展開する「Japan.Free Wi-Fi KYOTO」と連携。利用にはメールアドレスの登録が必要だが、1日最大240分、無料で利用できる。

 設置場所は、観光客が行き交う三条通り沿いの同支店敷地内と、二条城南側に位置する同支店壬生別館ビル前。サービスエリアは各自販機から半径30~50メートルで、観光客らが自販機で買った飲料を飲みながら次の訪問先を調べる、といった利用を想定している。

 この日、同支店前で除幕式が行われ、佐々木康之支店長は「新しい自販機で、観光客の利便性の向上と、地域のにぎわいに貢献できれば。今後も設置場所を増やしていきたい」とあいさつした。