産経ニュース

しんちゃんで海外認知度UP 埼玉県、英語版観光パンフで訪日客増狙う

地方 地方

記事詳細

更新


しんちゃんで海外認知度UP 埼玉県、英語版観光パンフで訪日客増狙う

 外国人観光客を積極的に呼び込もうと、県などは海外でも認知度の高い春日部市を舞台とした人気漫画・アニメ「クレヨンしんちゃん」のキャラクター、しんちゃんを起用した英語版の観光パンフレットを作成した。都内のアンテナショップや台湾や中国、タイなど各国の旅行会社で配布してもらい、県内への訪日外国人客の増加を目指す。

 県観光課によると、昨年1年間の全国の外国人観光客数は約1973万人で、そのうち県内への訪問率はわずか1・4%(約27万6千人)。県では、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の年間外国人観光客数100万人を目標に掲げており、既存のパンフレットの刷新を検討していた。

 白羽の矢が立ったのが、昨年5月に埼玉観光サポーターに就任した、しんちゃん。パンフレットの各所に表情豊かなイラストを盛り込んだ。同課は「しんちゃんの知名度で、まずはパンフレットを手に取ってもらいたい」と期待し、「狙いは訪日2回目以降のリピーター客。多くの人に埼玉の魅力を発信したい」としている。

 2万500部を発行。夏までに、中国語(繁体、簡体)版とタイ語版も発行する予定。