産経ニュース

松阪肉牛共進会優秀賞1席「ももみや号」競り3310万円 三重

地方 地方

記事詳細

更新


松阪肉牛共進会優秀賞1席「ももみや号」競り3310万円 三重

 ■飼育者・北村さん「夢のよう」

 松阪牛の品評会である松阪肉牛共進会が22日、松阪市の松阪農業公園ベルファームで開かれ、優秀賞1席の「ももみや号」が3310万円で競り落とされた。競り値は昨年の2350万円より960万円高値だった。

 「ももみや号」はメスの2歳7カ月で、体重680キロ、体高131センチ、胸囲228センチ。俵型のボディーの張りがよく、体の線もなめらかで、毛並みもよく、霜降りも良いだろうとして選ばれた。

 飼育者は大紀町の北村幸成さん(63)で、飼育歴約40年で初の優秀賞1席となった。北村さんは「夢のようでうれしい。ももみや号は、おとなしく、腹八分目に食べさせたのがよかった」と喜んでいた。大紀町の生産農家が1席となったのは3人目という。競り落としたのは津市の精肉会社「朝日屋」だった。

 共進会には48戸から88頭が出され、10月末の予選会で50頭が選ばれ、この日、本選を開き県畜産研究課主任研究員の岡本俊英審査委員長らが体重や体高、胸囲、毛並み、姿、肉付きなどを基準に審査した。松阪牛は、松阪市など雲出川から宮川にかけての7市町の生産区域に生後12カ月までに導入され、松阪牛個体識別管理システムに登録された未経産の黒毛和牛のメスと定められ、約100戸の生産農家が飼育している。

 この日、共進会場周辺では、松阪牛まつりが開かれ、松阪牛のすき焼きが無料で振る舞われたほか、松阪牛汁などさまざまなブースが並び、大勢の人でにぎわった。いい夫婦の日(11月22日)にちなんだイベントもあり、参加した15組が「ももみや号」と記念写真を撮るなどしていた。