産経ニュース

旭化成建材施工、1件は新発田の水処理施設 傾き、ひび割れなし

地方 地方

記事詳細

更新


旭化成建材施工、1件は新発田の水処理施設 傾き、ひび割れなし

 傾いた横浜市のマンションの工事でデータを改竄(かいざん)した旭化成建材(東京)が、過去約10年に県内で請け負ったとされた3件のくい打ち工事のうち1件が、新発田市の加治川浄化センターの水処理施設だったことが26日、分かった。

 同市の発表によると、旭化成グループに確認して判明したという。水処理施設を平成17年に増設する際、旭化成建材の技術支援を受け、長野市の建設会社が基礎に計44本のくいを打ち込んだ。目視では傾きやひび割れはなく、関係書類にデータ改竄の形跡もないため市は施設を継続使用する。